AEROFLEX(エアロフレックス)
エアロフレックスは、優れた断熱効果があるのみでなく、世界の主な
防火規格に合った自己消化性資材です。
プラスチック製品のように溶けたり、火玉を落としませんので延焼を防ぎます。

エアロフレックスはチューブの内側にパウダーが吹き付けてありますから、
複雑に曲がったパイプにも手早くすべるようにさし込むことができます。
背割れタイプも用意しております。

「エアロフレックスシート」

「エアロフレックスチューブ」

「断熱材構造比較」
グラスファイバー
(繊維性構造)
通気・通湿性高い
ポリスチレン
(接合性気泡)
通湿性高い
エアロフレックス
(独立気泡)
通気・通湿性低い
<エアロフレックスチューブのパイプ別適用表>
銅管 SU(ステン) A(鋼管) 管外径 6mm厚 10mm厚 13mm厚 20mm厚 25mm厚 32mm厚 38mm厚 50mm厚
6.35 M06006 M10006 M13006 M20006 M25006
9.53 M06010 M10010 M13010 M20010 M25010
12.70 10 12.70 M06013 M10013 M13013 M20013 M25013 M32013 M38013 M50013
15.88 13 15.88 M06016 M10016 M13016 M20016 M25016 M32016 M38016 M50016
19.05 10 17.30 M06019 M10019 M13019 M20019 M25019 M32019 M38019 M50019
13 21.70 M06022 M10022 M13022 M20022 M25022 M32022 M38022 M50022
22.23 20 22.23 M06022 M10022 M13022 M20022 M25022 M32022 M38022 M50022
25.40 M06025 M10025 M13025 M20025 M25025 M32025 M38025 M50025
20 27.20 M06028 M10028 M13028 M20028 M25028 M32028 M38028 M50028
28.58 25 28.58 M060328 M10028 M13028 M20028 M25028 M32028 M38028 M50028
31.75 M06032 M10032 M13032 M20032 M25032 M32032 M38032 M50032
34.93 30 25 34.00 M06035 M10035 M13035 M20035 M25035 M32035 M38035 M50035
38.10 M06038 M10038 M13038 M20038 M25038 M32038 M38038 M50038
41.28 40 32 42.70 M06042 M10042 M13042 M20042 M25042 M32042 M38042 M50042
44.45 M06045 M10045 M13045 M20045 M25045 M32045 M38045 M50045
50 40 48.60 M06048 M10048 M13048 M20048 M25048 M32048 M38048 M50048
50.80 M10051 M13051 M20051 M25051 M32051 M38051 M50051
53.98 M10054 M13054 M20054 M25054 M32054 M38054 M50054
57.15 M10057 M13057 M20057 M25057 M32057 M38057 M50057
60.33 60 50 60.50 M10060 M13060 M20060 M25060 M32060 M38060 50060
63.50 M10064 M13064 M20064 M25064 M32064 M38064 M50064
66.68 M10067 M13067 M20067 M25067 M32067 M38067 M50067
73.05 M10073 M13073 M20073 M25073 M32073 M38073 M50073
76.20 75 65 76.30 M10076 M13076 M20076 M25076 M32076 M38076 M50076
79.38 M10080 M13080 M20080 M25080 M32080 M38080 M50080
80 80 89.10 M10090 M13090 M20090 M25090 M32090 M38090 M50090
90 90 101.60 M10102 M13102 M20102 M25102 M32102 M38102 M50102
104.78 M10105 M13105 M20105 M25105 M32105 M38105 M50105
100 100 114.30 M10115 M13115 M20115 M25115 M32115 M38115 M50115
130.18 M10130 M13130 M20130 M25130 M32130 M38130 M50130
125 125 139.80 M10140 M13140 M20140 M25140 M32140 M38140 M50140
150 150 165.20 M13165 M20165 M25165 M32165 M38165 M50165
※エアロフレックスの厚みの選定には、設定条件により変化しますので、詳しくはご相談下さい。
※エアロフレックスシート・シートロールは0.5M・1.0M巾が標準サイズです。
※チューブ・シート共、長さは2.0Mが標準サイズです。
「エアロフレックス物性表」
項目 エアロフレックス 試験方法
気泡構造 独立気泡
比重(g/㎤) 0.04~0.08 ASTM D 1667
熱伝導率(W/m.k) 0.033(平均気温0℃) ASTM C 177
同上 0.0356(平均気温24℃) 同上
使用温度範囲 (※1)-200℃~+125℃ -57℃から硬くなります
透湿率(g/Pa.s.m) <0.10(1.44m×10-10g/Pa.s.m) ASTM C 355 E 96
吸水率(重量%) 5%以下 ASTM D 1056
耐オゾン性 クラックなし 50pphm 40℃ 200時間 JIS K 6301 ASTM C 534
熱安定性(93℃ 7日) <7% ASTM C 534
熱燃性(※2) Class VO UL-94 VO
25/50 ASTM E 84
自己消化性 ASTEM D635
不燃性 JIS K 6911
Class5.3 EMPA(スイス)
承認 IMO Part5、Part2
耐紫外線 ASTM G90-98
金属腐食性 腐食せず DIN 52613 1988
ニトロソアミン・ホルムアルデヒド
フロンガス
含有せず U.S.FDA
防音効果 32db DIN EN ISO 10052&DIN 4109-11
柔軟性 ASTM C 534
(※1)-57℃で硬くなりますが、-200℃まで使用可能です。
(※2)ロイド登録・日本海事協会・国土交通省許可済みです。



<吸湿性とK値安定性>

耐久期間は、温度、湿度、そして施行の良し悪しに非常に影響されます。
高湿地域において耐久期間を通じて安定した熱伝導率を得るには、吸湿性の
低さが第一条件です。
結露現象は、断熱材が湿気を吸収して熱伝導率(K値)が上がり、断熱材の
表面温度がその時の湿度の露点より下がった時に生じます。(湿気の平均
K値はおよそ4)
①エアロフレックス 完全独立気泡 比重 0.048~0.096
②ポリウレタンフォーム 半独立気泡 比重 0.03~0.06
③ポリスチレンフォーム 接合気泡 比重 0.01~0.03
④グラスファイバー 繊維性連続気泡 比重 0.03~0.06
エアロフレックス完全独立気泡性断面
吸水率は10%以下(ASTMD1056)
<燃焼性試験>
<耐薬品性>
エアロフレックスは無イオン系エラストマーの配合物ですので、イオン系薬品(水・水蒸気・酸・塩基物)に耐性がありますが、
無イオン系(石油・石油系溶剤)に対しては耐性が多少劣ります。
低温パイプに使用される断熱材は常に大気中の湿気と接触します。
このような条件下では無イオン系断熱材であるエアロフレックスの方がニトリルゴム・塩化ビニル系の物より長持ちします。
物質がイオン系、無イオン系であるかは、電子レンジを使って調べることが出来ます。
<エアロフレックスに関する承認証明書>
DNV タイプ承認証明書
  証明書No.F-16569
有効期限 2019.07.31
指定番号 471.61
AIC社の防火、断熱及び防音材料AEROFLEXは1974年に改定された海事安全協定の解釈により
DNV規格に分類された船舶及び自動車部門に適用することが認められる。
適用 低い延焼性を持つため、絶縁材料としての使用が認められる。
日本海事協会 承認証明書
  証明書No.12EQ374FPA(R)
有効期限 2017.06.05
AIC社の製品AEROFLEXは日本海事協会により認められ、承認No.02FPA40CVになります。
上記商品は船級協会規定の船舶に使用することを承認します。
スティール船舶の測量・建造協会条例及び1974年に改定された国際海事安全協定の関連条約、
フラッグ管理条約の規定を満たし、また製造業者は承認条件の連続性を確保するために管轄庁により
監督されたQCコントロールシステムに合格しています。
項目 防火単板
タイプ AEROFLEX
特徴 付録に参考
メーカー AIC
テスティング基準 FTP規定、付録1/パート2、パート5
ロイド規格 ファイア承認証明書
  証明書No.SAS F010454
有効期限 2017.10.29
ロイド船級協会条例の規格及び1974年に改定された国際海事安全協定により、ロイドに規定されている
船舶及び関連設備、また政府の認可により証明、ライセンス、許可が発行された船舶と関連設備に
使用することができる。
タイプ 防火材、AEROFLEX-HF/AEROCEL-HF
特徴 低延焼性を持ち、燃焼時に大量な煙及び有害物質は放出しません。
指定規格 IMOファイアテスト手順規定、付録1、パート5とパート2
ロイド規格 ECタイプ検査証明書
  証明書No. MED 1450227/M1
有効期限 2017.10.29
ロイド船級協会条例、商船(海上設備)運輸条例S.I.1999No.1957に、
下記のアイテムは海上設備指針(MED)の防火規定により、海上設備に適用することを承認します。
製造業者 AIC
付録AIアイテム A.I/3.18
製品タイプ 低延焼性を持ち、燃焼時に大量な煙及び有毒物質は放出しません。
製品特徴 防火材料-AEROFLEX-HF/AEROCEL-HF
指定規格 IMOファイアテスト手順規定、付録1、パート5とパート2
▲TOPへ戻る
  エアロフレックス付属資材
エアロテープ
エアロテープは、冷媒、冷・温水パイプ用に開発された断熱粘着テープです。(黒・アイボリー色)
エアロダクト
エアロダクトは、変形伸縮自在の不燃性アルミダクトです。
アルミテープ
エアロダクト専用テープです。
プロテープ
エアロフレックスチューブ、シートの繋ぎ目を強化し、そして繋ぎ目に浸透する湿気を防ぎ結露の防止に役立ちます。
エアロ結束バンド
プラスチック一体成形結束帯で、電線、エアコン、配管、配線、その他の結束にご利用できます。
エアロボンド
エアロフレックスを強力に接着する
接着剤です。
防振ゴム
(室外機用
防振材)

※各種商品の詳細・単価等、また他の商品についてはお問い合わせ下さい。



Home Top Contact
All Rights Reserved, Copyright(C) Ito-toshi Co.,Ltd in 2017